2人目の私。

自分が置かれている立場がもし雇用されている場合、ある程度は無茶できますよね。

新卒で入社した会社に2年勤めて転職し、社会人7年目の私。

 

サラリーをもらいながら、不動産や建築の仕事に携われたことはいい経験になりました。

まだ勤めながら法人を設立したので被雇用者から雇用主へ変わるタイミングが近くなってます。

このまま勤めながら法人の運営をしてもいいのかなと思う時もありますが、なかなか人に使われるというのは辛い。性格的に合わないらしい。

 

サラリーマンという枠内でもっとチャレンジしてもよかったなと最近思います。

 

ビビって接客していた不動産業時代、客を紹介するからバック払えよと言ってもよかった。

建設現場で輩に散々言われて下を向いていた時代、生意気言うなら金払えよと言ってやればよかった。

 

積み重ね積み重ね、だから今こうして法人を設立し代表として運営を始めた。

サラリーマンの枠内に片足突っ込んでいるけど、そろそろ飛び出す時だと思うんですよ。

 

そのための売り上げ、営業。

自己実現のための法人設立なんです。

何か叶えたい夢があったわけでも、社会的な意義があった訳でもない。

 

自由が欲しい、お金が欲しい、自分が信じる方法で勝負したかった、それが法人設立の理由。

 

カッコつけた取り繕った言葉は誰にも伝わらない。

自分をさらけ出して言葉にする。

 

それで私を、この会社を贔屓にしてもらえればいいと思うわけですよ。

 

自由、金、それが法人として社会に認められた私の2つ目の人格。

 

おすすめ書籍

もし憧れる相手が桁違いの大物でも憧れることにお金はいらないから

タダなら勝手に憧れてしまえばいいと思うわけですよ。