ご機嫌とりの甘やかし。

うちには娘と息子がいる。

奥さんと私の4人家族。

まだ娘は幼稚園に通い始めたばかり、息子はまだ伝い歩きができるようになったばかり。

娘はまだまだワガママ言いたい盛りだから、気に入らないとすぐ怒るし泣く。

抱っこして欲しいとすぐに言う。

 

抱っこ癖がついちゃうから、子供にせがまれてもあまり抱っこしないほうがいいと言われたことがある。

 

でも私は気にせず抱っこをしてあげ、機嫌が直りそうな冗談を言う。

 

甘えん坊になるかも自立心が養えないかも。

 

でも私は子供が抱っこして欲しいと思う気持ちは有限だと思っている訳で。

カウンターが0になるまで子供は言い続けるものだと思っている。

 

あと何度抱っこをせがまれたら「恥ずかしい、もういい」と言われてしまうのだろう。

上の娘は残り100回を切っているかも。

 

もう幼稚園に通っているのに、お姉ちゃんなのに....などと戒めることは簡単だけど。

 

抱っこしたくなっても、抱っこはさせてくれないと思うから。

 

今日も私は娘と息子を抱っこしてはくだらない冗談や変顔で子供のご機嫌をとっています。

 

明日、もし自分がこの世からいなくなったとしても最後の抱っこを思い出せる。

子供を抱っこできなかった悔いだけは残らない、それが私の子育て。

 

愛する人が亡くなる時、これまでの人生を後悔したくない。

リリーフランキーの懸命さを読み返したい。